とってもオトクな、まなブログ!!

最新の情報を更新していきます!

もう11月!

もうですよ!皆さん。

11月かあ、早すぎますな。

なーんか調子も今ひとつ。

プラマイゼロ?マイナス方面に傾きがち?

そんな時は!





黙って受け入れるしかありません(笑)

そんなもんです。(と、言っていますが焦りますよね)

そう、繰り返しなんです。


良いことばかりは続きません。

反面、悪いことばかりも続きません。

良いことに慣れすぎたおかげで、悪いことに慣れなくなったのでしょう。

だから待つことも必要なのかもしれませんね。

待つ=時間

だから「果報は寝て待て」

いい言葉じゃないですか(笑)

なんかFMで流れる「鶴」ってミュージシャンの 「グッドデイ バッドデイ どんとこい」って曲が、ダサくてウルフルズっぽくて、でもスルメみたいに味のある曲です。

よろしかったら聴いてみてくださいm(__)m

うつ・自律神経でお困りの方!
東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。

スポンサーサイト

このページのトップへ

風邪?

風引いたかも・・・。

喉が変。

まだ変の段階で何とかしなきゃ。

早目の就寝。

だよね。





P.S 10月30日(月)は都合により臨時休業となります。

うつ・自律神経でお困りの方!
東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。

このページのトップへ

寒っ!

昨日からの急激な気温の変化。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

こういう時が一番危ない!

風邪がすぐそこまでやってまいります。

もうこんな季節になったのかとしみじみ実感。

でも院内はさほど気温も下がらず。

やっとエアコン無しでも快適な環境かと。

やはり動きますからねー、私の苦手な暑さとの戦いとなります。

なので気温が下がる事に実は万々歳!

こんな季節は修行時代を思い出します。

プレッシャーとストレスとまだまだ暑い気温と・・・。

懐かしさ反面、もう二度と経験したくない日々でもあります。

だれでも始まりがあります。

始まりがない人なんざいません。

もまれもまれていろいろな経験をし大きくなっていく。

恥ずかしなら今頃実感しています。

毎日がスタートラインに立った気持ちでこれからも頑張ります。

\(^o^)/

P.S 10月30日(月)は都合により臨時休業となります。

うつ・自律神経でお困りの方!
東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。
このページのトップへ

今週土曜日、営業のお知らせ!

お知らせ

9月23日(祝・土)は営業いたしております。
ご予約はお早めに!(残1名)




うつ・自律神経でお困りの方!
東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。
このページのトップへ

思ったことの備忘ROG

今回は全く意味のないことです。

時間が空いたので書いているだけです。

普段のネットネタで疑問に思ったことの備忘録代わりです。

それでは・・・。


先日こんな記事を目にしました。

【タイトル】
ミャンマー脱出のロヒンギャ族、1週間で最大1.8万人=国連機関

あちき→ロヒンギャ族!?初耳ですし、面白い名前だなー。しかも難民なのか?1週間で最大1.8万人って、ただごとではないな。


【本文】
[コックスバザール(バングラデシュ) 30日 ロイター] - 国際移住機関(IOM)は30日、少なくとも過去5年で最悪の状況となっているミャンマー北西部の暴力から逃れるため、ここ1週間に国境を越えてバングラデシュに入ったロヒンギャ族が1万8000人前後に上っていると明らかにした。
ミャンマーのラカイン州北部では25日に発生した治安部隊に対する組織的な攻撃とそれに伴う衝突で、住民の一斉脱出が始まった。一方、政府はラカイン州の仏教徒数千人を避難させている。 
IOMは、国境の無人地帯(ノーマンズランド)で孤立している人の数を推定するのは困難としているが「ものすごい数に上る」と付け加えた。(ヤフーニュース・ロイター8/30(水) 18:35配信より引用)

あちき→ほうほう、ただごとではない事態。ただ何が原因なんよ?書いていません。何故越境するの?

そんな時に助かるのがヤフーのコメント欄。一般の方から詳しい正確?な情報が得られます。(正確かどうかは自己判断及び自分で調べる)

【ヤフーコメント欄】
miy***** | 1日前
スーチーさん何してるの?

あちき→そうだ!ミャンマーといえばアウンサンスーチーさんのいるところ!あれ?確か民主化を唱えていたのにこの状態って?なぜ?

【ヤフーコメント欄】
オーサーさんのコメントです。(より詳しい方のコメントってことです。)
伊藤和子 | 1日前
弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
オーサー報告
イスラム教徒のロヒンギャ住民はミャンマーで長年にわたり差別・迫害を受けてきた。2012 年以降、ラカイン州の仏教徒とのが深刻化し、多くのロヒンギャ住民が周辺国に避難、国際問題となってきた。
2016年4月アウンサンスーチー氏率いるNLDが政権をとり、同氏が国家顧問に就任し、民主化したと言われるミャンマーだが、アウンサンスーチー氏はロヒンギャ問題を人権に基づき解決するリーダーシップをとらず、昨年10月以降、事態はさらに深刻化した。治安部隊による住民の虐殺、拷問、レイプ等の訴えがあるが、国軍も政権もこれを否定。国連人権理事会は国際調査団の派遣を決定したが、7月にアウンサンスーチー国家顧問は調査団に入国ビザを出さないよう指示し、調査を拒絶。こうしたなか、今回の事態も起きた。軍による人権侵害を隠ぺい、免責し、住民虐殺を容認するなら何のための民主化か。日本を含む国際社会の強い関与が求められている。


あちき→ふーん、ロヒンギャ族って長年差別を受けてきたのね。でもなんで差別なんか受けてたんよ?


【ヤフーコメント欄】
new***** | 1日前
政権を握ったとたんこうだもんな。スー・チーよ、平和賞に値する人権派か、迫害者として歴史に名前を残すか、国際社会は見ている。
cho***** | 1日前
民主化運動が軍に弾圧されてた時代にもスーチー氏を支援していたのがロヒンギャ族。
それがスーチー氏が実際に政権とってみて裏切られたわけだからこうもなるでしょう。
この問題は国際社会が何もしなければ、今後どんどん大きくなっていきますよ。

あちき→スーチー女史って、悪人?

【ヤフーコメント欄】
a******* | 1日前
外野から色々言うのは簡単だけど、スー・チーが置かれてる立場は日本人には理解できないくらい微妙なところ。ロヒンギャを攻撃しているのは軍であり、軍は彼女がコントロールできるものではない。コントロールしようとすればまた政権転覆、自宅軟禁だって最悪のシナリオならあり得る。一般のビルマ人(敬虔な仏教徒)はとにかくムスリムがきらいだという人が多い。民衆は軍が大嫌いだが、スー・チーがロヒンギャを保護することもまた絶対に気にくわない。難しいんでしょう、こんながんじがらめでは。
行ったこともない人には分からんと思う。行っても観光だけでは分からんと思う。

あちき→スーチー女史は軍をコントロール出来ていない?
     一般のビルマ人→仏教徒が多い   
     ロヒンギャ族→ムスリム(イスラム)少数派

【ヤフーコメント欄】
rp5***** | 1日前
イギリスはきちんと責任を果たしたらどうやと思う。
元々ロヒンギャの人々を連れて来たのはイギリス。
そして支配者階級だったんやから、元からいた人々から恨みを相当買っている。
そう、ミャンマーは、イギリスの植民地やったんよ、
そこまで書かなあかんわ。

あちき→初めて知ったよ!ロヒンギャ族を連れてきたのはイギリス人だってこと!

【ヤフーコメント欄】
ina***** | 1日前
ロヒンギャ問題って難しいですよね。

前調べたら
確かイギリス統治時代イギリス人が直接統治して
現地人に恨まれないように、
他国からロヒンギャ人を連れて来て支配者層にした。
イギリス人>ロヒンギャ人>ミャンマー人
その時ロヒンギャの人が結構残酷な事もしたらしい。
その恨みを今も忘れずにいる。
ロヒンギャ人はミャンマー人ではないとなり
今にいたる。

憎しみを断ち切ったマンデラさんの凄さを再確認してしまう。

あちき→そういう構造でしたか・・・。ほぅ、昔の恨みも絡んでいたのね。

【ヤフーコメント欄】
mtd***** | 1日前
某評論家の意見をふまえて。
アウンサンスーチーがロヒンギャ問題に何も言えないのには2つ要因がある。

一つは単純にまだ軍部の力が強い。これは単純。

もう一つの要因が興味深い。
民主化したがゆえに、軍政の時にはなかった民主義を象徴する要素、「言論の自由」がミャンマーに生まれた。
その言論の自由においては、少数民族を排斥すべしっていう意見も保障されることになる。軍政の時は抑えられてたその意見が民主化したことで噴出する形になった。
その結果ロヒンギャ族への憎悪、攻撃が暴走した。

ロヒンギャ排斥に干渉すれば、翻って、言論の自由の否定、しいては民主主義の否定になる。
自分の人生をかけて勝ち取った民主主義が少しでも否定されるようなことは、アウンサンスーチーには許せない。
だからロヒンギャ問題には干渉したくないってことじゃないのか。
もしそうなら、かなりのエゴであると言わざるを得ない。


あちき→なるほどね、こういう視点もあるかいな。むずかしいね。



ザックリと調べてみたらぼんやりと見えてきましたが、ミャンマーに全く精通していない私は、以上のコメントから察するしか方法はありません。

中にはスーチー女史のことをよく知っておらえるコメントも有りましたが、今回はそこが問題ではありません。

思い出して下さい。最初のタイトル「ミャンマー脱出のロヒンギャ族、1週間で最大1.8万人=国連機関」で読み終えるとこの問題の本質(どころか事態まで)が全く解りません。と言いますか、全然意味の分からない記事となっていたことでしょう。

またコメント欄を何処まで見るかによっても人によって理解度や真実は違ってくると思います。

これでいいのかな?

最近では過激なタイトル、タイトルと記事の内容が全然違う場合もあります。

狙っているのか?

金のためなら?少々いい加減でもいい?


疑問を感じつつ書いてみました。





うつ・自律神経でお困りの方!
東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。
このページのトップへ