とってもオトクな、まなブログ!!

最新の情報を更新していきます!

地震から1年・・・

あれから1年。

昨日は車の中でその時間を迎えました。

まだ皆さんの記憶の中にもしっかりと刻まれている事でしょう。

この話題が出ると、「早いねー、もう一年か・・・。」なんて。

本当に時の経つのは早いもので。

さて、これまたテレビやラジオで、「何かが変わった!」的な問答が良く繰り返される。

それは大概が人生観だのなんだの、云々。

被災者ならともかくこの周辺の住民がいうことなのか・・・。

実はズーっと思っている。


よく、被災地にボランティアに行く方がいる。

全くもってすばらしいことだと思う。

だが、動機が不純な輩もいたようだ。

ボランティアとしての自覚がなく、機能していないパターンだ。

つまり勢いだけで行ってしまった奴。

よく、自分探しどうのこうのという名目で、こういうのに参加する人がいる。

「自分探し」・・・。なんて、聞こえのいいフレーズ。

そう、20代のころは自分だってそんな事を考えていた時期があった。と、いうより、なかったわけではない。

そのころ、ゴーマニズム宣言をよく読んだ。

漫画ながらにすごい本であった。

時間の経過と共に、やがてその熱も薄れ・・・。

要は飽きっぽい。笑

自分で自分に酔ったこともある。

その本を読んで、いっぱしに語ったこともあるような・・・・。

ああ、赤面!

で、そのころからおおよそ20年。

振り返ると、必要かそうでないかと言われれば、必要な事だったのかもしれない。


でもだ、自分探しなんぞそんなに簡単に見つかる(分かる)ことではなかったのは言うまでもない。

つまり、生きる事、経験する事の二十歳からの20年。

ここに、そのエキスが詰まっていたのは言うまでもない。(うまい表現が出来ないが)

そしてこれからも続くであろう。


確かにボランティアは必要。

有償、無償、いろんな形があっていいはず。

自分のような性格が集まっていてはダメだが・・・。

だが、あくまでも自分の為ではなく相手の事を100%考えるようなボランティアであって欲しい。

自分のことは後回し。それでいい。自分探しなんぞクソクラエだ!

そのときの夢中さはいつか自分の力になる。そのときが本当の「自分見つけ」だ。

ただ我武者羅になって働くだけでも良い。

下ゴコロのある奴はいつも進歩がないのだ。

短期でやってただ気持ち良くなっているのはオナニーでしかない。


ただね、自分の職務ってモノも有るだろう。

それを全うし、毎日の消費に貢献する事、国に納税することだって、立派なことなんだぜ。

特別なことをやった事で天狗になっているようじゃ、自分に酔っているとしか言えんな。




最近の2chネタで考えさせられるモノを見つけました。

言いたいけど、イエネー 笑





うつ・自律神経でお困りの方! 東京 稲城 整体・カイロプラクティック クロサワ整体院です。
関連記事
スポンサーサイト

このページのトップへ